​地盤調査(じばんちょうさ)とは、構造物などを立てる際に必要な地盤の性質の把握などを目的として、地盤を調査することである。この調査により、地盤強度などが判明し、設計を行い構造物が施工できるようになる。

長く安心して暮らせる住宅には、強固な建物構造と、建物自体の重さを支えられる地盤強度が必要になります。

もし、地盤調査を行わずに軟弱地盤に家を建ててしまうと、家はどうなるのでしょうか。

「軟弱地盤の上に家を建てると、家が傾く『不同沈下』が発生する恐れがあります。これは、家の重量によって地盤が長期にわたって変形するのが原因なので、建築直後ではなく、5年後ぐらいから現れるケースが多いです。
たとえ美しく平らに整えられた土地でも、見ただけで地盤強度は判別できないので、建築前の地盤調査は必須といえます」

 地盤調査が必要なわけ

不同沈下

​地盤の歪みなどにより、建物が傾く(地面に沈む)事をいいます。

✅ドアがしまりにくい

✅サッシのカギがしめにくい

✅基礎に亀裂が入る

✅窓が開けにくい

などさまざまな影響が考えられる

​不同沈下の影響

​無料見積り・ご相談などはごきがるに問い合わせください

地盤調査と重要性

 地盤調査が必要なわけ